市議会議員のお仕事。

こんばんは、阿部孝太郎です。

先週の水曜日から39度まで熱が出まして、救急外来に行くなど苦しむこと3日間。やっと熱が下がってきたと思ったら唇と手に赤いポツポツが。よくみたら足にも。慌てて皮膚科に行ったらなんと手足口病と診断されました!

手足口病って子どもの病気じゃないんですか(笑)

そして現在、看病をしてくれた39度の熱を出しております・・・。心配です・・・。皆様も手足口病にお気をつけください。お子様はもちろんですが、大人もかかるんです!しかも大人の場合は重症化しやすそうなんで、十分にお気を付けください!!!

さて、本日は市議会議員のお仕事というか役目を簡単に。

市議会議員の主な仕事としてまず、二元代表制の一角として、市長及び執行部の市の運営に関し、しっかりと目を光らせることが挙げられます。市民に不利益とならないよう、市民の代表としてこのチェック機関としての機能を果たすことが、非常に大切です。

よく、市(行政)と議会は両輪であり、この両輪をしっかり動かしていくことが、市(行政)の発展のために必要だ、などと言われることがあります。確かにそのような面もあるかもしれませんが、私は何よりもチェック機関としての機能をしっかりと持ち、市の情報を市からの一辺倒ではなく、様々な角度から見つめ、時には正すことが必要だと考えています。

そして、もうひとつの大きな仕事は、政策提案です。市に対して、ここをこうした方がいいここはこう変えたほうがいい、などと提案していくわけですね。具体的な条例を提案することもあります。市民の声を聴き市の将来をしっかりと見つめ何が必要か何が足りないか時には何を無くせばいいか、市に訴えるわけです。これも市民の代表として非常に大切な役目です。

政策提案というものは割と多く行われているかもしれません。しかし、議員からの「条例提案」というもの、地方議会の「条例提案」のうち0.15%だそうでとても少ないのが現状だそうです。私も、市議会議員として「条例提案」することはとても難しいと実感していますが、議員活動の大きな目標としています。

条例提案まではいきませんが、私は現在「工場立地法の緑地率の軽減」「不妊症助成の拡充」など政策提案を行っているところです。また次回にでも詳細について書きたいと思います。

写真は先月行ってきた、日本青年会議所のサマーコンファレンスの一枚です。

ちなみに大人が手足口病にかかるのは0.6%みたいです。夫婦でかかるとその確率は・・・0.36%ですか?数学が得意な方教えてください。よろしくお願いします。

阿部孝太郎

サマコン2017

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*